機械式時計の動きが悪い?メンテナンスを行おう!

機械式時計にはお手入れが必須

機械式時計は単純な造りではなく、ゼンマイやテンプなどのたくさんのパーツを使って組み立てられています。それらの一箇所にでも不具合があったのなら、針が止ってしまったり進みが正常でなくなったりします。そのため、時間をいつでも正しく知りたいのならば、定期的にメンテナンスを行わなければいけません。それは、オーバーホールと呼ばれていて、ブランド品の機械式時計では当たり前に行われていることです。メーカーや街の時計屋でオーバーホールをしてもらえるので、大切にしたい機械式時計があるなら探してみましょう。

なお、メンテナンスが必要なことを嫌って、デジタル式の購入を考える方もいるはずです。確かに、面倒だといえますが、長持ちするのは機械式時計のほうです。きちんとお手入れさえすれば、30年以上使い続けられるのも珍しくはないため、一つのものを大事に使っていきたい方におすすめです。

オーバーホールの見積もりを頼もう

オーバーホールを行うときは、まずは見積もりをもらって作業費用を確認しましょう。お店によって違いますが、最低の場合は2万円程度で行えます。もちろん、ブランドや内部の状況によってオーバーホールの費用はまったく異なるので、見積もりを頼むことが大切になるのです。ただし、次のオーバーホールまで、不具合が起きて欲しくはないでしょうから、安ければよいというわけではありません。費用と時計職人の腕前を考えて、コストパフォーマンスの高いメンテナンスをしてくれるところを探しましょう。

数あるブランド時計の中でも抜群の信頼感を誇るグランドセイコー。シンプルでスタンダードなデザインはどんなシーンにもマッチします。