意外と知らない?電子タバコと加熱式タバコの違いと特徴

電子タバコはニコチンフリーで様々な味がある

電子タバコとは、紙煙草のように葉を使用せず専用のカートリッジ内のリキッドを電気で加熱し、発生した水蒸気を吸い込み楽しむものです。電子タバコは形状も様々で、紙煙草に近い形のシガレットタイプから、やや大型のボックス型など見た目にも個性があります。その最大の特徴はリキッドによって色々な味のフレーバーが楽しめる点です。フレーバーには紙煙草に近い味のタイプやハーブ系、柑橘系の香りのするものや中にはチョコレートなどの甘い香りのするリキッドも販売されています。また、電子タバコのリキッドにはニコチンを使用していないタイプが多いため、禁煙を目的とする人が紙煙草から電子タバコに変えるパターンも多いです。その際はニコチンを使用していない商品かどうか、しっかりと確認してください。

加熱式タバコはタバコ葉を加熱した水蒸気を楽しむ

加熱式タバコは紙煙草を燃やすのではなく、専用の機械を使用してタバコを加熱し、発生した水蒸気を楽しむものです。紙煙草と違い火を使用しないため、煙による匂いや周囲の人への副流煙の心配がありません。また、灰も出ないので携帯しやすいです。電子タバコとの最大の違いは実際のたばこ葉を使用する点です。タバコ葉を使用するため紙煙草により近い味わいを楽しむことができますが、その反面電子タバコのようにリキッドによって色々な味を楽しめるということは出来ないので、周囲にいる煙草の匂いが嫌いな人への配慮を考えて使用する人が多いです。電子タバコも加熱式タバコも色々な特徴があるので、自分にあったものやシチュエーションによって使い分けるなどして楽しむのが良いでしょう。

電子タバコは乾燥葉や液体を電熱線を使って加熱する事で霧状化し吸引するタバコです。一部で「旧来のタバコより有害物質が少ない」主張がされていましたが実際は利用により入院するケースが出ており注意が必要です。