憧れだけどよく知らない?機械式時計の魅力と注意点

機械式時計とはどんな仕組み?

時計には機械式時計とクォーツ式時計があります。クォーツ式は電池が動力源で、長い期間放っておいても動き続けて誤差も少ないのが特徴です。一方の機械式時計はゼンマイを動力源とします。機械式でも手巻と自動巻の二種類があり、手巻はゼンマイを毎日決まった時間に巻く必要があります。自動巻は着用時の腕の動きでムーブメント内にあるローターが回るため、ゼンマイが自動的に巻かれる仕組みです。

機械式時計の魅力は伝統工芸品である所

クォーツ式に比べて誤差が出る期間が早く、手間もかかる機械式時計が高い人気を誇っているのはずっと変わらない魅力があるからです。機械式時計の登場は1900年代初頭であり、1960年代に登場したクォーツ式よりもかなり早い段階でした。当時時計を所有していたのは政治に関わる貴族や宗教家など、社会的地位が高い人々です。当時から人々の憧れの的だった機械式時計は、現代においては実用品としてより趣味の一つとして扱われるようになっています。伝統工芸品を身に付け、日常に取り入れることができるのが機械式の魅力です。

手入れの仕方に注意点はあるの?

機械式時計は繊細そのもので、基本的にムーブメントに触れるということはしない方が良いでしょう。日々のお手入れとして気にかけることは文字盤の表面のガラスを乾拭きすることです。ちなみに、風防と呼ばれる部分の汚れは水拭きをしてしまうと、部品が錆びる可能性があるため注意が必要です。ベルトは素材に合った方法でメンテナンスを行います。そして、ムーブメントの中は専門の修理機関や製造元、時計店に持ち込んでメンテナンスを依頼するのが良いでしょう。正しい手入れをしっかり行えば機械式時計は一生の友となります。注意点を知って機械式時計と付き合っていきましょう。

ゼニスはスイスの時計ブランドです。代表的な時計として、1時間に36,000振動のムーブメントを採用した自動巻クロノグラフ時計「エル・プリメロ」を開発しました。10分の1秒も計測できる高精度の時計です。