内祝いにおすすめ?カタログギフトのメリットデメリット

カタログギフトのメリット

カタログギフトであれば、内祝いを何にしようかとあれこれ迷うことがありません。自分の好みで選んでしまうと、気に入ってもらえないこともあります。せっかくプレゼントしても使ってもらえなければ悲しいですよね。カタログギフトであれば、内祝いとして人気のあるものが揃っているので、相手の欲しいものを自由に選んでもらうことができます。相手の好みがわからなくても、喜んでもらうことができます。また、仕事などで時間がなく、内祝いを選びに行くことが難しい人にもカタログギフトはおすすめです。予算に合わせて選ぶだけでいいので簡単です。

カタログギフトのデメリット

カタログギフトには、さまざまな種類の商品が選べるようになっていますが、好みの商品が見つからないこともあります。せっかく内祝いとして贈っても、相手に残念な思いをさせてしまうことも少なくありません。プレゼントを選ぶ際には、分厚いカタログの中から選ばなければならないため、時間がかかり面倒に感じる人もいます。また、申込期限が決まっているものが多いため、後まわしにして期限切れになってしまうこともあります。内祝いとしてカタログギフトを贈ることで、相手にさみしい気持ちを与えてしまうことがあります。自分のために一生懸命内祝いを選んだのではなく、面倒なのでカタログギフトで片付けてしまったと思われてしまうこともあります。そのため、内祝いとしてカタログギフトを選ぶ際には、相手に喜ばれそうな商品が掲載されているかどうか確認することも大切です。

出産祝いを貰ったら、我が子の名前を熨斗に記して内祝いを贈りましょう。ギフトに可愛い写真を付けるのも良いでしょう。おめでたい事は半返し、幸せのおすそわけをしましょう。