家具店で買うかオーダーする?カーテンの選び方と注意点

カーテンは用途に合わせて選ぶ

カーテンを柄や色で選んでいませんか?カーテンは部屋の中でも大きな部分を占めるため、選び方には注意が必要です。部屋のコーディネートに大きく関わる上に、プライバシー保護の役割も果たしてくれるカーテンは、ちゃんと注意して選びましょう。

プライバシー保護重視なら遮光カーテン

部屋の電気を点けると外から中が丸見えになってしまいます。しかしカーテンを引いたからと言っても安心とは限りません。薄いカーテンなら外へ影が映ってしまい、中の様子がわかってしまうのです。プライバシー保護はもちろんのこと、防犯対策上も良いとは言えません。何人で暮らしているかわかるようなことがあれば、泥棒や暴漢の侵入の第一歩となってしまう危険性があるためです。

遮光カーテンは朝起きることができるか不安…

遮光カーテンは外からの視線を遮ってくれますが、外からの光も入って来なくなってしまいます。朝、部屋の中が暗いままだったら起きられなくなってしまうのではないかという不安がある人には、遮光カーテンの中でも等級を落としたものにしてみるのが良いでしょう。遮光カーテンには1級から3級までのグレードがあり、一番光を通さないのが1級の遮光カーテンです。太陽の光を浴びて朝起きたいという人には、この等級を2~3級に落とした遮光カーテンがオススメです。3級のカーテンなら人影などは外に透けにくくも、太陽の強い光を柔らかく部屋に通します。

欲しい柄がある場合はオーダーしてみる!

遮光カーテンは機能性が良い反面、シンプルなデザインのものが多くなってしまいます。カーテンは部屋のコーディネートの要、こだわりたいと思う人も多いことでしょう。気に入ったデザインの遮光カーテンがなければオーダーしてみるのはどうでしょう。気に入った柄や色合いで、理想通りのカーテンが手に入ります。

カーテンは窓の目隠しとして使う他、強い日差しを抑えたり外気の影響を軽減する効果があります。使い続けていると空気中の湿気や埃で汚れてしまうので、定期的に洗濯を行うのが清潔に保つコツです。